スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

                        
0
    | - | | - | - |- |
    << 今年のカレンダー | main | 映画「さくらん」 >>

    マリー・アントワネット

    Marie Antoinette
    Marie Antoinette
    Original Soundtrack

    映画「マリー・アントワネット」を少し前に鑑賞。
    大好きなソフィア・コッポラ監督作品。
    まず長い前置きを。

    90年代カルチャーから外せないx-girlやmilk fed…
    そんな時代にドップリハマっていましたが。
    そのmilk fed.のデザイナーでもあるソフィア。
    (フランシス・フォード・コッポラの娘である事は有名過ぎるぐらい有名ですが)

    そんなソフィアの外見もだけどデザインもガーリィな世界観も大好きで。
    彼女も映画を…!となったら気にならずにはいられません。
    1999年の初監督作『ヴァージン・スーサイズ』はまんまとハマりました。
    色遣いやちょっとした演出がガーリィそのもの。
    Todd Rundgren楽曲など使われているサントラもたまらない!
    ヴァージン・スーサイズ

    2作目『ロスト・イン・トランスレーション』も独特の空気感、

    そして今作『マリー・アントワネット』。
    マカロンカラーに彩られた素敵な衣装。マノロ・ブラニクによるシューズたち。
    キラキラ輝く宝石のようなスイーツたち・・・・・
    ストーリーも大事だけど、ガーリィ満点な画面に釘付け(笑
    本物のヴェルサイユ宮殿を使っているあたりも凄いです。


    歴史が大好きだとか、
    ベルサイユのばらや、原作をガッツリ蓄えている人には物足りないかも。
    お馴染みのストーリーからは少し離れ、いち女性として普通の女の子として。
    彼女の感情の揺れ動きと、幼い王と妃の成長を追っている感じ。
    あれれ?ここで終わりなの?っていう感じも否めないですが
    瞳に映る情景や、印象的なモチーフや景色…
    言葉ではないものが訴えかけるシーンも多かったと思います。

    それにしても、ヴァージン・スーサイズにも出ていた
    キルスティン・ダンストがハマリ役〜

    本来ならばクラシックが使われそうなところであんな曲が使われていたり
    本来ならば無いはずのアレがハイヒールの群れに紛れていたり(笑
    ソフィアのガーリィな悪戯を見いだすのも、とても楽しい見方かと。

    物語を見るというより、アートを愉しむ感覚の方が楽しめると思います。
    賛否両論多い映画ですが、私的には大好きな感じでしたヨ。

    *冒頭のサントラはUS盤です。国内盤のジャケよりコッチが好きなので。
                            
    0
      | cinema&a play | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) |- |

      スポンサーサイト

                              
      0
        | - | 22:16 | - | - |- |
        Comment









        Trackback
        url: http://glitterhythm.jugem.jp/trackback/128

        06
        --
        1
        2
        3
        4
        5
        6
        7
        8
        9
        10
        11
        12
        13
        14
        15
        16
        17
        18
        19
        20
        21
        22
        23
        24
        25
        26
        27
        28
        29
        30
        --
        >>
        <<
        --
        New entries
        Categories
        Recent comment
        Recent trackback
        Archives
        Profile
        Sponsored links
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Delicious Poison
        Delicious Poison (JUGEMレビュー »)
        Monday Michiru
        ●Conversations With Myselfがとても好き。
        Recommend
        Recommend
        ありったけの話
        ありったけの話 (JUGEMレビュー »)
        中山智幸
        ●中山智幸さん最新作
        Recommend
        空で歌う
        空で歌う (JUGEMレビュー »)
        中山 智幸
        ●第138回芥川賞候補作。
        同時収録の「木曜日に産まれた」
        これが結構好きだったりします。
        Recommend
        さりぎわの歩き方
        さりぎわの歩き方 (JUGEMレビュー »)
        中山 智幸
        ●お友達の中山智幸さんの作品。
        UNIQLO CALENDAR
        moon
        fxwill.com
        Mobile
        qrcode
        Links
        Others
        無料ブログ作成サービス JUGEM