スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

                        
0
    | - | | - | - |- |
    << 映画「JUNO」 | main | コンラッド・リーチ作品展「白と黒と死」 >>

    映画「ぐるりのこと。」


    映画「ぐるりのこと。」試写会に行って来ました。
    珍しく連続で試写会です。

    今回この映画で主役を務めるリリー・フランキー氏。
    そのリリーさんと橋口亮輔監督の
    舞台挨拶付き試写会が行われるとのこと。
    ギリギリに知ったのもありほぼ諦めておりましたが、
    試写会前日にペア招待状が〜。

    ギリギリ過ぎて一緒に行く相手もなかなか見つからず
    偶然近くでお仕事中だった友達を運良く確保し(笑
    一緒に鑑賞いたしました。(mちゃん、ありがとう!)


    早速の舞台挨拶。

    橋口監督、リリーさん、揃ってグレーのスーツで登場。
    リリーさんは黒いハット。
    司会の女性とのやりとりがおかしかったです。
    …キクラゲ… 笑
    橋口監督の「カナオ役は絶対リリーさんに!」という熱い要望。
    数ヶ月待ってのOKという返事だったらしく…その訳は
    「即答するのもいやらしいじゃないですか」と(笑

    ステージを去る間際にリリーさん。会場を見つつ
    「さっき気づいたんだけど、うちのオトンも見に来てる」
    「え!」っと探そうとする司会者をよそに
    「いや、紹介とかしなくていいですから。」
    そういって立ち去って行きました。笑


    映画。

    ひと組の夫婦をメインに
    色々な人、色々な人生が関わり
    生きること、逃げること、そんな話が交錯してゆきます。

    ある事を切っ掛けに鬱病を患った妻を支える法廷画家の夫。
    その10年のお話し。

    橋口監督自身も実際、鬱病と闘いながら
    この脚本を作り上げたのだそう。

    裁判の話は実際に起こった事件がモチーフにしてあったり
    ダークで重々しい内容も多いのですが
    すり抜けていく風のように、
    何故かふわっと軽やかになる要素もたくさんなのです。
    何でだろ。

    心がぎゅっと痛むシーンも多いのですが
    かなり笑えるポイントも押さえてあります。
    リリーさん特有の下ネタ系の…
    演技なのか「素」なのかもはや謎(笑

    「食べる」シーンも随所にちりばめられていて
    「食べること」=「生きること」の象徴として伝わりました。
    「生き物の味がする」。

    当たり前だった感覚が時代によってねじ曲げられてゆく。
    特別な事ではないことが特別に感じられたり。

    色々と思ったり考えたりした訳ですが…。

    心が壊れそうな時、そういう時ではなくても、だけど
    「側にいる存在」ってもの凄く大きいな…
    物質的な距離ではなく、心の距離といいますか。。
    乗り越える強さとか、何とか…むむむ。

    困難や障害にぶち当たって、逃げるのは簡単。
    それでも好きだという気持ち、
    それでも一緒に居たいと思う気持ち。
    乗り越えた時に生まれる何か・・・
    夫婦ってこういうことなのかなーとか思ってみたり。

    チラシにもあるキャッチコピーは
    「めんどうくさいけど、いとおしい。
     いろいろあるけど、一緒にいたい。」

    この映画は観る人それぞれに
    気持ちを重ねるポイントが違うような気がします。

    隣に座っていた男性がどんな感想だったか、気になった。

    キャストも結構豪華。キム兄にヤッシーに加瀬亮に。

    「演じるリリーさん」にしばらく馴染めなかったのですが(笑
    素朴な雰囲気が(そのままで)とても良かったです。

    木村多江さん。
    綺麗な女優さんですが、この映画で「可愛い!」と思いました。

    柄本明さん。いい味!

    「どっかで見たことあるのに思い出せない!」女優さんがいて
    ずっとずっと気になっていましたら…思い出しました。
    時効警察に出てた婦警さんでしたわ〜スッキリ…。
    江口のりこさん。印象強いなー。


    そうそう、この映画でリリーさん演じるカナオは
    「関西弁」の設定だったらしいのですが
    リリーさん自身「気持ちが入らない…」という理由で
    福岡弁(博多弁筑豊弁と入り交じった感じ?)になってました。
    九州人にはそのへんも聞き逃せないポイントです。

    重々しいテーマなのに、
    心にじんわり暖かい余韻を残してくれる。
    そんな、淡々とふわっとした映画でした。
    じわじわくるので、もう一回、観たいな。

    いいシーンもたくさん。
    最後のシーンは、とても好きな空間でした。

    Roundabout(初回生産限定盤)(DVD付)
    Roundabout Akeboshi
    (主題歌「Peruna」収録)

    音楽はAkeboshiでした。なかなか心地よかったです。

    ▼「ぐるりのこと。」オフィシャルサイト
     http://www.gururinokoto.jp/

    ▼「ぐるりのこと。」オフィシャルブログ
     http://blog.excite.co.jp/gururinokoto

       
                            
    0
      | cinema&a play | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |- |

      スポンサーサイト

                              
      0
        | - | 23:30 | - | - |- |
        Comment









        Trackback
        url: http://glitterhythm.jugem.jp/trackback/218

        08
        --
        1
        2
        3
        4
        5
        6
        7
        8
        9
        10
        11
        12
        13
        14
        15
        16
        17
        18
        19
        20
        21
        22
        23
        24
        25
        26
        27
        28
        29
        30
        31
        --
        >>
        <<
        --
        New entries
        Categories
        Recent comment
        Recent trackback
        Archives
        Profile
        Sponsored links
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Delicious Poison
        Delicious Poison (JUGEMレビュー »)
        Monday Michiru
        ●Conversations With Myselfがとても好き。
        Recommend
        Recommend
        ありったけの話
        ありったけの話 (JUGEMレビュー »)
        中山智幸
        ●中山智幸さん最新作
        Recommend
        空で歌う
        空で歌う (JUGEMレビュー »)
        中山 智幸
        ●第138回芥川賞候補作。
        同時収録の「木曜日に産まれた」
        これが結構好きだったりします。
        Recommend
        さりぎわの歩き方
        さりぎわの歩き方 (JUGEMレビュー »)
        中山 智幸
        ●お友達の中山智幸さんの作品。
        UNIQLO CALENDAR
        moon
        fxwill.com
        Mobile
        qrcode
        Links
        Others
        無料ブログ作成サービス JUGEM